NO SPIN NO LIFE

Spin馬鹿のSpin馬鹿によるSpin馬鹿のためのブログ

スポンサーサイト

Posted by jintsuto on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツ科学は実学だ

Posted by jintsuto on   4 comments   0 trackback

7:10 起床

昨晩は午前2:00まで仕事。
大変疲れたが、以前よりサポートへの充実感がある。
なんでだろうか。

選手とのコミュニケーションがとれるようになったこと、
勤務地内個別サポート(まわりくどい…。)を通して、監督、コーチ、スタッフと直接話しをする機会が多かったこと、
あと、いろいろ吹っ切れたこと、
が要因であろうか。

「いろいろって?」

うん、
まあ、
いろいろ。



「スポーツ科学が現場に生きているのか?」
と自問自答することで、見えてきたことがたくさんある。

出張ばかりで辛いこともあるが、良い経験ですわ。


好きなReggae Deejayのうたで
「現場至上主義」ってのがある。

スポーツ科学の「現場」はどこか。
それは、研究室でも、実験室ではない。
机上でもない。

グラウンド、体育館、競技場、あと病院とか?

競技力向上、けが予防、けがの治療の役に立つような研究をして、
使える成果物を提供していくことが「仕事」だと思う。

現場の要望を無視し、
研究者の自己満の研究をして、
高い知識を見せびらかし、
「理解できない者が悪い」という風潮は、



アホはアホなりに突き進むっス。

俺も、現場至上主義で。



じゃあの。

Comment

hirowo says... ""
同感です。

スポーツ科学がスポーツ科学たりうる理由というのは、身体活動をしている人間の行為を力学的生理的心理的社会的に正確に記述するだけではとどめず、何か現場にFBすることに存在価値があると思います。

ただ、実際困難な問題ですよね。

もちろん、僕はJISSのお仕事がどのような仕事で、実際トップの選手がスポーツ科学にどのような要望をしてくるのかはわかりませんが、悔しいけれど現状のスポーツ科学(特に力学的に心理的に)がトップの選手になにか還元するのは難しい気がします。

熟達することの現象記述だけではなく、過程も記述したくて運動学習という領域を選んだ僕ですが、その学習の対象とできるのは、悔しくもこれから学習していく子供たちが主になりそうです。

もちろん、それ自体は決して悪いことではないし、本望ですが、個人的にはやはりなぜイチローがすごいのかみたいなことは知りたくなります。

この前も先生と、このことについてやりあったのですが、トップ選手の巧みさ(ここでは技能ということにしぼります)は個々人によって分化しすぎていて、それを観察したところで、何の解決にもならないと一喝されました。

ただ、救いだったのは、名大の情報系の他の先生が言っていたのですが、"なぜ一般的なものをみるのか"に対する答えは、"特別なものと一般のものをわけるためだ"といっていました。

当たり前の話ですが、まずはしっかり何が一般的に熟達していくときに学習されるかを観察して、その後(研究として認められるかはわかりませんが)特別が特別たりうる理由が観察されるということです。

という観点で、今は野球の打動作の学習実験を企図しているところです。

これがなかなか難しく、なかなか進みませんが、また会って話せる日を楽しみにしてます。

長々とすみませんでした。
2008.06.30 20:48 | URL | #- [edit]
Spinのひと says... ""
hirowoさん、こんにちわ。

なかなか深い話をありがとう。

>"なぜ一般的なものをみるのか"に対する答えは、"特別なものと一般のものをわけるためだ"といっていました。
なかなか考えさせられますな。
たしかに、そうかもしれない。
一般の先に先に特別があるのか、
それとも一般とは全く別のところに特別が成り立っているのかを知ることで、かなり現場にフィードバックできるかもしれない。指導という面で。
うん。
文章で伝えるのは難しいので、また話そう。


2008.07.01 07:43 | URL | #- [edit]
ozeki fust says... ""
hirowoさんすごいな…

私もSpinさんと同感ですね…Spinさんに言われてから考えられるようになりました。
理論的な知識を蓄え、それを生かし指導をする。これは楽しいですし、無駄がない。
自分の指導方法の固定概念を無くすにはとても有効な気がします。
だからいろんな人に広めていきたいなー。そう思うと、もっと勉強しなきゃです。

正直、トップの指導者の知識は半端ないです…
2008.07.01 07:53 | URL | #JalddpaA [edit]
hirowo says... ""
>一般の先に先に特別があるのか、
それとも一般とは全く別のところに特別が成り立っているのか

確かに難しい問題ですね

"先"というのが、どこかによると思いますし、必ずしもパフォーマンスに関しては線形に伸びていかないと僕は思っています

おそらく、技能の発達は、数式みたいに満たされていない変数を足していけば線形に発達していくものではなく、何かのきっかけで、急にできるようになるということが往々にあり、その転移するところでは、数式自体も変わるのではないかなと考えています

まぁ、尽きないのでこれぐらいにして、またの機会にお願いします
2008.07.01 10:39 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jintsuto.blog120.fc2.com/tb.php/14-d03d1631
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。