NO SPIN NO LIFE

Spin馬鹿のSpin馬鹿によるSpin馬鹿のためのブログ

原因と結果

Posted by jintsuto on   2 comments   0 trackback

8:00 起床

前回の続き。
でもないけど。


結論。
テレビと科学は相性が悪い。
痛感しました。




報道「駅」から、
「ダルビッシュ投手が投げている『ツーシーム』という球種について解説してほしい」という取材を受けました。

数ヶ月ぶりにスーツを着て、伸びっぱなしの髭も整え、パワーポイントまで用意して取材に望みました。
大汗をかき、顔がテカッテカになっての取材。
緊張しました。


しかしながら、

放送当日の午後に制作担当者から連絡があり、
「先生スミマセン、ダルビッシュ投手が『ツーシームを投げていない』って言ってるんですよ。本人は『ワンシームを投げている』って。申し訳ないんですが、先生の放送シーンはすべてカットになってしまいました。」

結果は、オールカット!!!

って、
取材してから、俺のところ来いよ!



制作者が書いた脚本。
主演のダルビッシュさんがアドリブを言っちゃったもんだから、大慌て。
急遽、ストーリー変更。
準備していた他の出演者は出演できず!

なんだそりゃ。


そもそも、ダルビッシュの物語であって、
制作者の物語ではない。


数日後、制作担当者は謝罪しに来ました。
しかし、「ダルビッシュ選手が悪い」という説明。
問題の原因がわかっていない様子。


番組作ってる人ってみんなこうなの?


ちなみに、
ワンシームであっても運動の原理は一緒。
揚力の大きさと方向がフォーシームと違うだけ。
縫い目の影響もあるが、回転速度と回転軸の方向が影響を与えている。

放送では「魔球」という言葉を使ってお茶を濁していました。
「魔球」のほうが響きがよいから?





運動の原因となる力を知っていれば、運動の結果を説明できる。
原因と結果をきちんと説明できるようになることは、だいじ。


今週末は20名の学生相手の講習会。
このメッセージを伝えてきます!

おりゃーー!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jintsuto.blog120.fc2.com/tb.php/120-0d49ab06